国学院栃木 初戦突破 水沢負傷で緊急降板も渡辺→宮キッチリ

[ 2018年3月24日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会第1日・1回戦   国学院栃木3―2英明 ( 2018年3月23日    甲子園 )

<英明・国学院栃木>国学院栃木先発の水沢
Photo By スポニチ

 1点リードの9回2死一、三塁。国学院栃木の3番手、背番号10の宮は全力で左腕を振り、相手4番・千原を全て直球で3球三振に斬った。「最後は楽しかった。思わず叫んだ」と言ってのけた。

 チームが誇る「三本の矢」で逃げ切った。昨秋は7試合中6試合が水沢―渡辺―宮の継投。柄目(つかのめ)直人監督は投手の負担を考慮し、完投を捨てて勝ち上がってきた。

 だが4回、背番号1の水沢が中川の打球を右脇腹に受け降板。3―2に迫られ、なお1死満塁のピンチで背番号11の左腕・渡辺が救援した。必勝パターンを確立してから回の途中の交代は練習試合も含めて初めて。まさに緊急事態だったが、1番・加藤をスライダーで「自分でも鳥肌が立った」という二ゴロ併殺打に仕留めた。

 柄目監督は選手として00年に4強入り。それ以来の出場で初戦を突破し「渡辺が流れを止めて次につなげてくれた」と語った。エースの水沢は「後ろ2人はさすがという投球」と感謝。「三本の矢」は折れない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース