オーナー兼務の日本ハム・畑社長 今以上に愛される球団に 就任会見

[ 2018年3月24日 05:30 ]

栗山監督と握手を交わす畑オーナー(左)
Photo By スポニチ

 日本ハムオーナーを兼務する親会社の日本ハムの畑佳秀社長(59)が、札幌ドームで就任会見を行い「地域、ファンの皆さまから今まで以上に愛される球団を目指す」と抱負を述べた。

 球団事務所では、3月末までに方向性を出す予定の新球場構想について札幌市との最後の実務者協議が行われた。もう一つの候補地の北広島市を含めて検討しており、来週中には結論が発表される見通しだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース