筒香 お待たせオープン戦初打点!新フォーム“第2形態”で先制打

[ 2018年3月24日 14:01 ]

オープン戦   DeNA―西武 ( 2018年3月24日    メットライフD )

<西・D>3回無死一、三塁、先制の中越え2点適時二塁打を放つ筒香
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香が、待望のオープン戦初打点をマークした。24日の西武戦(メットライフドーム)に「3番・左翼」で先発出場。0―0で迎えた3回2死二、三塁の好機で、146キロ直球をとらえて中越えへの2点二塁打を放った。

 2月のキャンプから、両膝を真っ直ぐに伸ばして構える新フォームの習得に挑戦。現在は少し膝を曲げて構える「第2形態」にマイナーチェンジさせており、試行錯誤を続けてきた。この日の試合前の時点でオープン戦の成績は10試合で24打数4安打(打率・167)、0打点、0本塁打という数字だった。それでも「すごく順調にきている」と強調していた通り、開幕を目前にして徐々にエンジンがかかってきた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年3月24日のニュース