東筑・石田 魂の104球も「集中力の弱さ」反省

[ 2018年3月24日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会第1日・1回戦   東筑3―5聖光学院 ( 2018年3月23日    甲子園 )

<東筑・聖光学院>9回、聖光学院に勝ち越され途中交代する石田
Photo By スポニチ

 東筑(福岡)のエース石田は104球を投げ、9回途中で降板した。

 内角を攻める果敢な投球を見せたが、9回は失策が絡んで決勝点を許し「集中力の弱さを突き付けられた」と唇をかんだ。昨夏甲子園では初戦(対済美)で10失点。悔しさをばねに練習に励んできた。「まだ甘さがあったということ。この敗戦を無駄にせず切り替えたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース