英明2年生エース黒河11Kも「甲子園に忘れ物をした。次は必ず」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会第1日・1回戦   英明2―3国学院栃木 ( 2018年3月23日    甲子園 )

<英明・国学院栃木>スコアボードを見つめ、甲子園を後にする英明・黒河
Photo By スポニチ

 英明(香川)の2年生エース黒河は中盤以降に変化球の制球を修正し、最速137キロの直球にフォークを織り交ぜて11奪三振。昨秋の全公式戦と同様に一人で投げ切ったが、失策も絡んだ序盤の失点が響いてセンバツ初勝利はならなかった。

 「悪いところが出た。力不足を感じた」と立ち上がりを反省。「甲子園に忘れ物をした。次は必ず」と夏の雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース