DeNA石田 内角攻めきれず 3者連続被弾「本塁打は減らせる」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   DeNA0―4西武 ( 2018年3月23日    メットライフD )

<西・D>初回2死、山川に2者連続となる左越えソロを浴び、天を仰ぐ石田
Photo By スポニチ

 2年連続開幕投手を務めるDeNA・石田は6回5安打4失点。初回に3番・浅村から3者連続被弾した。

 右打者の内角を攻めきれず「自分がコースに投げきれなかった。外と中の出し入れ。内角にしっかり投げていければ本塁打は減らせる」と反省した。ただ、そこからは打者12人連続で無安打など修正。99球で6回を投げ抜き、「球のかかりは良かった」。ラミレス監督も「全体的には悪くなかった」と及第点の評価。散発3安打零敗の打線にも「明日は全く違う日になる」と意に介してなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース