巨人・菅野 開幕万全 4回零封6K 新球シンカーで銀次をK斬り

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   巨人1―5楽天 ( 2018年3月23日    東京D )

<巨・楽>4回を3安打無失点に抑えた菅野
Photo By スポニチ

 手応え十分の1球だ。4回1死。巨人・菅野は銀次を追い込むと、決め球にシンカーを選択。外角に逃げて落ちる軌道で空振り三振を奪った。「良かったんじゃないですか。打者の反応も理想に近いものがあった。シンカーは手応えがあった」。これまでの取り組みは間違いなかった。

 2年ぶり4度目の大役を務める30日の阪神開幕戦(東京ドーム)前、最後の登板。「自主トレ、キャンプからやってきたことを確認したい」と、昨年末のハワイ自主トレからの総点検のつもりでマウンドに上がった。その象徴が新球シンカーだ。握りの深さを変えて、投球を組み立てる球としても有効。3、4回は得点圏に走者を背負ったが4回無失点で6奪三振。許した3安打中、2安打は芯を外した内野安打だった。「やるべきことは全てやった。あとは万全の状態で開幕を迎えるだけ」と仕上がりの良さを自らも認めた。

 背番号19の先輩で、菅野が「憧れの投手」と尊敬する上原も絶賛した。ブルペンでウオームアップの傍ら、則本との投げ合いをモニター越しに見た。「(2安打を打たれて自身の投球で)変な課題が出たのも、菅野と則本のせい。見とれてしまって調整が遅れた。良いものを見せてもらいました」と冗談を交えながら称えた。

 斎藤投手総合コーチも、絶対エースの状態に「何の心配もしていない」と太鼓判を押す。別所、斎藤に並ぶ球団最多タイとなる開幕戦4勝目に向け、昨季沢村賞右腕からは「もう一度やってきたことを整理して、気持ちを高めて迎えたい」と余裕も漂った。 (池田 翔太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース