打者・大谷“はしご試合”手応え8の2「確実に上がっている」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

マイナーの練習試合4打席目、左腕・オカートから右前打を放つ大谷
Photo By スポニチ

 「打者・大谷」は復調宣言だ。ジャイアンツとのマイナー中心の練習試合(3A)に出場し、4回無死一塁でオカートの初球を右前にはじき返した。

 昨季メジャーで44試合に登板した左腕の89マイル(約143キロ)直球を捉え「体の状態とかボールを見ている状態は確実に上がっているんじゃないかなと思う」と珍しく自賛した。6回にもマイナー右腕から投手強襲安打も放った。

 大谷や故障明け組らが多く打席に立つ特別ルールで8打数2安打。5打席目は歩いて隣接するグラウンドに移動し、2Aの試合でも1打席立った。オープン戦では28打数3安打、打率・107と苦しんできたが、初めて「はしご打ち」も経験し「進歩はしているんじゃないかと思う」と手応えを口にした。

 29日(日本時間30日)のアスレチックスとの開幕戦はDHでメジャーデビューを飾ることが濃厚だ。打者としては26日(同27日)、27日(同28日)のドジャースとのオープン戦で最終調整する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース