岩隈 26日本格投球へ 投手コーチ「本人は少し早めたいようだ」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

ブルペンでキャッチボールするマリナーズ・岩隈
Photo By 共同

 右肩手術からの復活を目指すマリナーズの岩隈がブルペン入りし、15球のキャッチボールを行った。

 捕手を座らせることはなかったが、傾斜のついたマウンドに立つのは2度目という。見守ったメル・ストットルマイヤー投手コーチは「本人は少し(復帰を)早めたいようだ。違和感なく、勢いのある球だった」。25日(日本時間26日)には捕手を座らせて本格投球を再開する見込みだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年3月24日のニュース