ロッテ涌井 充実90球 5回1失点「いい球増えた」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ6―1中日 ( 2018年3月23日    ナゴヤD )

<中・ロ>5回を7安打1失点の涌井
Photo By スポニチ

 4年連続9度目の開幕投手を務めるロッテ・涌井は5回7安打1失点で最終調整登板を終えた。中日打線に粘られ90球を要したが、表情に余裕があった。

 「直球は前回より、いい球も増えた。開幕戦で気持ちが入ればスピードも出てくる」

 正捕手・田村の腰痛で江村とのコンビだった。4回1死三塁、松井雅に直球を3球続けて左犠飛を打たれ「シーズン中ならば三振を狙いにいく場面」。ただ、リードに首は振らず、降板後に「ちょっと話した」という。失敗も経験させ、成長を促した。

 9回の加藤の満塁弾で勝ち越し、オープン戦首位浮上。「連覇」へ王手をかけた。昨季は球団ワースト87敗と失速したが「井口さんに初勝利を届けたい」と涌井。同じ失敗は繰り返さない。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース