今年のオリは西から昇る 福良監督満足「気持ちよく入れる」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   オリックス3―1阪神 ( 2018年3月23日    京セラD )

<オ・神>6回1失点と好投した西
Photo By スポニチ

 オリックス・西が6回1失点で開幕前最後の実戦調整を終えた。オープン戦4試合で計18回1/31失点。10年目で初めて任された開幕投手への仕上げは万全と言っていい。

 「ストライク先行で投げられたし、バランスよく配球も組み立てられた。それで結果が出たことはよかった」

 初回は先頭の糸井からの2連打で先制されても修正。内外角を丁寧に突く直球にスライダーなどを織り交ぜて2回からは4回連続の3者凡退に抑えた。

 被安打3、無四球の内容に福良監督も「気持ちよく入れるんじゃないか」とうなずき、開幕投手について「西です」と初めて明言した。3回無失点だった3日のDeNA戦後に「先陣を切って西が引っ張ってくれ」と30日のソフトバンク戦の先発を通達したという。

 10年夏には顔面神経まひを発症、昨夏には打球直撃で左手骨折の苦難もあった。「ケガなく来られたことが一番。開幕は勢いが大事。チームのために全力で腕を振る」。準備はすべて整った。(湯澤 涼)

 《不振深刻》「7番・一塁」で出場したT―岡田は3打数無安打に終わり、オープン戦4試合で計10打数無安打、6三振になった。2月上旬に右脇腹を痛めた影響もあって調整不足は深刻。残り2試合の結果次第では開幕2軍の可能性があり、「チームが勝つために監督がどのチョイスをするか。選んでもらえるように残り少ないチャンスの中で結果を出したい」と前を向いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年3月24日のニュース