バレ 単独キング2発「自信になる」OP戦自己最多6本

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト7―7日本ハム ( 2018年3月23日    札幌D )

<日・ヤ>8回無死、本塁打を放つバレンティン
Photo By スポニチ

 ヤクルトのバレンティンが単独キングに躍り出た。2発を放ってオープン戦6本目とし、自己最多だった14年の4本を一気に更新した。

 「狙って打てるものじゃないけど、結果として出ているのは自信になる。これからは維持していくかが大事」

 初回1死一塁、ロドリゲスの2球目を左中間へ運び、2試合連続のアーチを放つと、8回には4番手・公文の6球目を左翼席の上段に放り込んだ。4打数3安打3打点の活躍でオープン戦は規定打席未満ながら打率・412と絶好調。3、4、5番と打順は変動しても気にするそぶりがなく、小川監督も「キャンプから状態を維持できている。このままいってもらいたい」と信頼を口にした。 (細川 真里)

 ▼ヤクルト・由規(4月1日のDeNA戦先発に向けた最終調整も3回9安打5失点と不安を残し)追い込んでからの配球だったり、反省するところはたくさんある。しっかり受け止めたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース