由利工エース佐藤亜「凄く楽しかった」初甲子園 夏こそ勝利で地域に恩返しを

[ 2018年3月24日 11:58 ]

第90回選抜高校野球大会第2日・1回戦   由利工0―5日大三 ( 2018年3月24日    甲子園 )

<日大三・由利工>7回1死二塁、日置の適時打で4点目を失い、肩を落とす由利工・佐藤亜
Photo By スポニチ

 21世紀枠で初出場の由利工(秋田)は日大三(東京)に0―5で敗れた。エース佐藤亜は12安打5失点で完投し「負けたけど、初めて甲子園で投げられて凄く楽しかった」とすがすがしい笑顔を見せた。3回まで1安打無失点に抑えたが、4回に日大三・日置に先制の左越えソロを浴び「少し焦って冷静になれなかった。甲子園に飲み込まれた」と反省した。

 少子化の影響もあり学校の統廃合も検討される中、「地域に愛される学校」を目指し、地元・由利本荘市であいさつやボランティア活動を率先して行ってきた。近所の保育園には手づくり木製玩具をプレゼントし、一緒に遊んだ。センバツが決まると、園児が由利工を訪れ、応援メッセージと歌をプレゼントしてくれた。学校近くの食堂に行くと、650円のラーメンが600円に値引きしてくれた。

 「地域に愛される」チームになり、初めての甲子園。途中出場した捕手の畑山主将は「地域の方にたくさん応援していただいたので、夏に甲子園で勝って恩返しをしたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース