広島・野村 開幕大丈夫 2被弾5失点も緒方監督信頼揺るがず

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   広島3―5ソフトバンク ( 2018年3月23日    ヤフオクD )

<ソ・広>2回、松田に3ランを打たれた野村
Photo By スポニチ

 初の開幕投手が決定的な広島・野村は2被弾するなど6回7安打5失点で最後の実戦調整を終えても、悲観せず一定の手応えを強調した。

 「打たれたけど、ストライク先行だと攻めていけたし、粘れたイニングもある。それを増やしていきたい」

 5回1死二塁で強打の中軸を抑えた投球が真骨頂だ。柳田を130キロの外角スライダーで見逃し三振に斬り、内川は137キロのシュートで二飛。自慢の制球力を生かして前者には高めを、後者には低めを徹底して突いた。

 一方では“失投”もあった。1点リードの2回1死一塁で中村晃に四球を与え、松田には内角シュートを中越えに逆転3ラン。6回にもデスパイネに高めのチェンジアップを左翼席へ運ばれた。

 「四球は良くない。(松田の一発も)もう少し厳しくいけば良かった。チェンジアップが浮いたのも反省点」

 16年に最多勝と勝率第1位に輝き、昨季も先発の軸として連覇に貢献。緒方監督からは「内容は悪くない。ゾーンで勝負しながら投げられていた」と揺るぎない信頼を寄せられ、「いいパフォーマンスが出せるよう、もう一度やるべきことを再確認しておきたい」と1週間後の竜斬りへ力を込めた。(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース