ソフトB今宮 胃腸炎 開幕出場微妙 25日まで自宅療養

[ 2018年3月24日 05:30 ]

 ソフトバンクは23日、今宮健太内野手(26)が福岡市内の病院で「ウイルス性の胃腸炎」と診断されたと発表した。広島とのオープン戦(ヤフオクドーム)は欠場し、25日まで自宅で療養する。30日のオリックスとの開幕戦(同)出場も微妙となった。

 今宮はオープン戦10試合に出場して順調に調整を進めてきたが、アクシデントに見舞われた。工藤監督は「実績のある人なので、戻ってくれば(結果は)残してくれると思う。早く治して、いい状態で開幕に向かえるように」と早期復帰を願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース