中日・小笠原 四球課題 開幕投手は…森監督明言避ける

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   中日1―6ロッテ ( 2018年3月23日    ナゴヤD )

<中・ロ>3回1失点の小笠原(右)は大野奨とタッチ
Photo By スポニチ

 中日先発の小笠原は3回1安打1失点、毎回3四球の内容を「ものすごく課題の残る試合だった」と反省した。

 カーブ、チェンジアップと変化球でストライクが取れず、苦しい投球に終始。開幕前最後の登板で課題が山積し「残りの日数で少しでも不安を減らしたい」と誓った。30日の広島戦での開幕投手について森監督は「(開幕カードに投げる)3人には言ってある」と話すにとどめ、明言は避けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース