清宮 24日にも退院→2軍合流へ 栗山監督「一気に行くと思う」

[ 2018年3月24日 05:50 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 腹膜炎で離脱している日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が24日にも退院する見通しとなった。吉村浩GMは「改善しているので、当日の状況で判断する。退院は明日(24日)かあさって(25日)になると思う」と話した。

 12日夜に緊急入院して以降は点滴治療を続けてきたが、20日に初めてペースト状にしたおかゆを摂取。その後は食事をした際の体の反応をチェックし、経過が良好なため、この日からようやく通常食を取れるまで回復した。現在も点滴治療が欠かせないが、病院内でスイングはできないもののバットを手に感触を確かめている。

 退院翌日には鎌ケ谷の2軍施設でリハビリを再開する予定。栗山監督は「思ったより前に進んでいる。一気にいくと思う」と開幕1軍の可能性を探ろうと前向きだが、24日に退院しても調整期間は25日から5日間だけ。練習もできていない状況だけに、開幕以降の早い時期に復帰できる道を探ることになりそうだ。(東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース