雄星“高木ボール”筒香斬り 3年連続開幕投手へ準備万端

[ 2018年3月24日 05:30 ]

オープン戦   西武4―0DeNA ( 2018年3月23日    メットライフD )

<西・D>5回無失点の菊池
Photo By スポニチ

 3年連続開幕投手を任される菊池が5回2安打無失点。5三振を奪い、オープン戦最終登板を終えた。「ツーシームを試しながら投げました。開幕に向けて自信を深められた。そういう投球でした」。キャンプから磨いていたフォークをこの日は封印。多用したのはツーシームだった。

 「“高木ボール”です。試合前のブルペンで投げてみた。いい回転で投げられた」。前日の練習後、高木勇から握りを教わり実戦配備に成功。左打者の内角への武器が欲しかった。本家の「タカギボール」はカットボールを指すが、感謝の気持ちを込めて「高木ボール」と呼んだ。4回には同い年の筒香に対し、その新球で内角を突き、154キロの直球とスライダーで空振り三振。「チームがいいスタートを切れるようにしたい」と新たな武器を手に万全な状態だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース