聖光学院・横堀 9回お見事スクイズ決勝点「自分の中で一番」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

第90回選抜高校野球大会第1日・1回戦   聖光学院5―3東筑 ( 2018年3月23日    甲子園 )

<東筑・聖光学院>9回1死二、三塁、聖光学院・横堀は決勝スクイズを決める。投手・石田
Photo By スポニチ

 9回に作戦で決勝点を挙げた。1死二、三塁で、聖光学院の斎藤監督は一塁手がダッシュして打者に圧力をかけない姿を見て2番・横堀にスクイズのサイン。

 横堀は「自分の中で一番いいバント」と一塁線にセーフティースクイズを決め、失策も絡み2点が入った。14年夏、3回戦(対近江)はセーフティースクイズでサヨナラ勝ち。同大会はチーム最多の3勝を挙げており験がいい。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年3月24日のニュース