楽天序盤リードで主導権握り2勝目 美馬アクシデントも好投

[ 2013年10月29日 21:44 ]

<巨・楽>6回2死、阿部の打球を足に受ける美馬

日本シリーズ第3戦 楽天5―1巨人

(10月29日 東京ドーム)
 コナミ日本シリーズ2013第3戦は29日、巨人―楽天が対戦。ここまで2試合は息詰まる接戦で1勝1敗。東京ドームに場を移し仕切りなおしとなった一戦は楽天が序盤に4点を先制すると、主導権を最後まで巨人に渡さなかった。

 【1回】楽天は岡島、銀次の安打で1死一、二塁と先制の好機を作ったが、ジョーンズ、マギーが連続空振り三振に倒れた。巨人も安打で出塁した長野を犠打で送り先制の好機を迎えたが、阿部が見逃し三振。村田が投ゴロで無得点に終わった。

 【2回】楽天は走塁死があったものの安打と四死球で2死満塁とし、藤田が左中間へ二塁打を放ち2点先制した。続く銀次は右越え二塁打でさらに2点を追加し、杉内をKOした。巨人は早くも小山に継投し、攻撃は高橋が空振り三振、ロペスが三ゴロ、坂本が遊ゴロで三者凡退に倒れた。

 【3回】楽天は1死から嶋が投手強襲安打、美馬が犠打で送ったが、岡島が二直に倒れた。巨人は亀井が捕ゴロ、小山が空振り三振、長野が遊ゴロで三者凡退。

 【4回】楽天は藤田が二ゴロ、銀次が空振り三振、ジョーンズが一邪飛でこの日初めての三者凡退。巨人は先頭の寺内が中前打で出塁したが無得点。

 【5回】楽天は安打と死球で2死一、三塁の好機を作ったが追加点は奪えず。巨人は2死二塁からボウカーが中前へ落ちそうな打球を放ったが、遊撃・松井の好守に阻まれた。楽天の美馬は5回まで投げて3安打無失点の好投。

 【6回】巨人は小山から今村に継投。四球を出したものの無失点。楽天の美馬は2死走者無しの場面で阿部の打球が右足に直撃。ここまで好投を続けていたが無念の降板となり、レイが救援。後続を断った。

 【7回】楽天はマギー、松井の安打で一、二塁の好機を作ったが、得点はならず。巨人は高橋、ロペスが連続三振で、坂本も遊ゴロに倒れた。

 【8回】藤田、銀次の連打で一、二塁とし、ジョーンズの左前適時打で1点追加。その後も満塁としたが得点はならなかった。巨人は先頭の矢野が左越えソロで1点返した。

 【9回】楽天は三者凡退に終わった。斎藤が抑えとして登板すると、巨人の攻撃を3人で締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース