ホリデー弾のみ…カ軍打線、レスターに脱帽「厳しい球ばかり」

[ 2013年10月29日 13:30 ]

ワールドシリーズ第5戦 カージナルス1―3レッドソックス

(10月28日 セントルイス)
 カージナルス打線は第1戦に続き、相手先発レスターに抑え込まれた。

 得点は4回にホリデーが放ったソロのみで、得点圏に走者を置いたのはわずか2度。前日までの2番から4番に座ったベルトランは2回に中前打を放ったものの「常に低めを突いていたし、厳しい球ばかりだった」と脱帽した。

 1敗もできない状況に追い込まれた。ホリデーは「プレーするのは楽しみでもある。ただ、ハードにプレーするだけ」と気持ちを切り替えた。

 ▼カージナルス・マシーニー監督の話 何が必要かは分かっている。自分たちのプレーをすればいい。挑戦する気持ちを持って、味方を信じてやってほしい。(7回のピンチは)三振や飛球でアウトを取れていたので、続投の判断をした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月29日のニュース