王者JXが初戦敗退、2年連続2冠ならず 社会人日本選手権

[ 2013年10月29日 23:24 ]

 社会人野球日本選手権第2日は29日、京セラドーム大阪で1回戦3試合を行い、都市対抗大会と合わせて二大大会4連覇を目指したJX―ENEOS(神奈川)がパナソニック(大阪)に0―1で敗れ、初戦で姿を消した。パナソニックのほかホンダ熊本(熊本)JFE東日本(千葉)が勝って2回戦に進んだ。

 パナソニックはヤクルトからドラフト3位で指名された秋吉が9回途中まで投げ、10安打されながら無得点に抑えた。残りの2試合は延長12回タイブレークでの決着。ホンダ熊本は1―0でJFE西日本(広島)に競り勝ち、JFE東日本は10―9でNTT西日本(大阪)を下した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース