星野監督 快勝に笑顔「攻めて攻めて攻めていけばこうなる」

[ 2013年10月29日 22:00 ]

<巨・楽>嶋(左から2人目)らナインを出迎える楽天・星野監督

日本シリーズ第3戦 楽天5―1巨人

(10月29日 東京D)
 東京ドームに乗り込み巨人を下した楽天の星野監督は「攻めて攻めて攻めていけばこういう結果になる、そう信じています」と満足げに振り返った。

 2回に一挙4点を先制するなど打線が好調で先発全員安打の13安打5得点。「13安打にしては得点が少ないな。第2戦のインタビューでは大爆発してくれるだろうと言ったんですが、まあきょうは小爆発だね」と話しつつもニンマリ。「あした大爆発します」と上り調子の打線に期待を込めた。

 投手陣も先発・美馬が6回途中まで無失点。打球が直撃するアクシデントで緊急降板したものの、救援のレイが8回まで1失点でしのいだ。指揮官は「きょうは嶋のリードが冴えていましたね、珍しく」と女房役を称えた。

 対戦成績を2勝1敗としたが「これで仙台に最低でも帰れるという思いで1つ1つ大事に戦っていきます」とかぶとの緒を締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース