パナソニック秋吉 154球の力投、プロ入りで「いい置き土産」

[ 2013年10月29日 23:49 ]

社会人日本選手権第2日 パナソニック1―0JX―ENEOS

(10月29日 京セラD)
 王者JX―ENEOSを破ったパナソニックの久保監督は「1点しか取れずに苦しかったけど秋吉もバックもよく守った」と会心の笑顔で振り返った。

 4回に4番梶原の適時打で挙げた1点を、エースの秋吉が9回1死まで154球の力投で守り、最後は田中篤が締めた。

 ヤクルトのドラフト3位指名を受けた秋吉は「プロに行くから、これでチームにいい置き土産ができた」と勝利をかみしめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース