DeNA 日本ハム鶴岡獲り 来季CS進出へ即戦力捕手欲しい

[ 2013年10月29日 06:00 ]

FAについて語る鶴岡

 DeNAが国内フリーエージェント(FA)権の行使を明言した日本ハム・鶴岡慎也捕手(32)の獲得に乗り出す意向であることが28日、分かった。

 今季は正捕手として期待された2年目の高城が51試合出場で打率・136にとどまり、7月中旬以降は2軍暮らしと伸び悩んだ。球団は来季のCS進出に向けてバッテリー強化が不可欠と判断。日本ハムで4度のリーグ優勝に貢献した鶴岡は即戦力の捕手が欲しいチームの補強ポイントに合致する。

 鶴岡については、谷繁兼任監督の中日も調査を行うなど興味を示しており、今後は争奪戦になる可能性が高い。鶴岡は「プロ野球選手である以上、上を目指したい。11年間やってきたことをゼロにしたい」と他球団移籍を視野に入れており、DeNAは日本シリーズ終了を待って正式に獲得へ乗り出すことになる。現在、捕手は鶴岡、鶴岡賢が在籍しているが、チームで3人目の「つるおか」獲得を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース