第6戦先発予定のラッキー 志願の1回零封 スクランブル登板

[ 2013年10月29日 06:00 ]

<カージナルス・レッドソックス>ガッツポーズするラッキー

ワールドシリーズ第4戦 レッドソックス4―2カージナルス

(10月27日 セントルイス)
 第6戦先発予定のレッドソックスのラッキーが2点リードの8回から登板。ボガーツの失策と自らの暴投で1死三塁のピンチを招いたが、後続を断った。

 先発した第2戦から中2日で1回を無安打無失点。スクランブル救援で上原につないだ35歳右腕は「きのう監督に“自分が中継ぎで必要な場合は、投げられる準備をしておく”と伝えていた。力になりたかったんだ」と満足そうに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース