横浜 浅間 高浜に並んだ高校通算22号 市川越に快勝

[ 2013年10月29日 06:00 ]

<市川越・横浜>9回に右越えソロを放った浅間(左)

秋季高校野球関東大会1回戦 横浜5―0市川越

(10月28日 茨城・ひたちなか市民)
 来春センバツの重要な参考資料となる秋季高校野球関東大会が28日、茨城県のひたちなか市民球場などで1回戦4試合が行われ、8強が出そろった。横浜(神奈川1位)は浅間大基外野手(2年)の本塁打などで、市川越(埼玉2位)を5―0で下した。29日は準々決勝4試合が行われる。

 <神奈川横浜>3番に座る浅間が、高校通算22号を放ち、チームの8強入りに貢献した。4―0の9回にスライダーをすくい上げた右越えソロ。「真っすぐを待ちながら変化球を打てた。理想的な打撃」と納得の表情で振り返った。今夏甲子園2回戦の丸亀(香川)戦では5安打の固め打ちを見せたが、新チームになり、長打力にも磨きがかかった。4番・高浜と通算本塁打数で並び「甲子園でもホームランを打ちたい」と意欲を見せた。一方、2安打2打点で4番の働きを見せた高浜は「自分と浅間で打線を引っ張っていければ」と引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース