西濃運輸 初戦敗退 中日ドラ6藤沢は悔しい1安打

[ 2013年10月29日 06:00 ]

<西濃運輸・バイタルネット>8回1死、藤沢は左前打を放つ

スポニチ後援第39回社会人野球日本選手権第1日1回戦 西濃運輸1―2バイタルネット

(10月28日 京セラドーム)
 <西濃運輸>延長13回の末に初戦敗退。ドラフトで中日から6位指名を受けた藤沢にとっても悔しい社会人でのラストゲームとなった。

 「まだまだです。力が足りないということですね」。バイタルネットの先発左腕・曽根に徹底して外角を攻められ、5打数1安打と自慢の打撃を封じられた。リベンジの舞台はプロの世界。「打撃をもっと磨かなければならないし、守備力も強化しないと」と前を向くしかなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月29日のニュース