JX 相手の3倍以上の10安打も零敗 指揮官「相手が粘り強かった」

[ 2013年10月29日 23:48 ]

社会人日本選手権第2日 JX―ENEOS0―1パナソニック

(10月29日 京セラD)
 3安打に抑え、10本の安打を放っても勝てなかった。前回大会、昨年と今年の都市対抗を制した勝負強さは鳴りをひそめ、JX―ENEOSは難敵パナソニックに惜敗。大久保監督は「負けるときはこんな感じ。相手の方が粘り強かった」と淡々と敗戦をかみしめた。

 好投手秋吉を攻略しきれなかった。度重なる好機にあと1本が出ない。徐々に焦りが見え始め、最後の最後まで1点が遠かった。指揮官は「ミスが出たわけじゃない。精いっぱいやった結果」と唇をかむしかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月29日のニュース