松井 攻守で貢献 先制つなげる右前打に背走キャッチ

[ 2013年10月29日 22:57 ]

5回巨人2死二塁、代打ボウカーの飛球を背走し好捕する楽天の遊撃手松井

日本シリーズ第3戦 楽天5―1巨人

(10月29日 東京ドーム)
 楽天の松井が攻守で勝利に貢献した。バットでは2回無死一塁で右前打して先制点につなげるなど2安打を放った。「打線がつながってベンチが盛り上がってくれて良かった」と主将らしく喜んだ。

 守備では4―0の5回2死二塁のピンチで代打ボウカーの遊撃後方への飛球を背走しながら飛びついて捕球。「美馬が頑張っていたし、グラブの先だったけど何とか入ってくれて良かった」と頬を緩めた。

 ▼レイ(6回途中から急きょ登板だったが、2回1/3を1失点と好救援)「投げるべきところにしっかり投げられたのが(良い)結果につながった」

 ▼ジョーンズ(8回に適時打)「一本出てよかった。きょうの勝利は全員がそれぞれの役割を果たした結果。自分も一つのピースになれてよかった」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース