銀次 東京Dは任せろ「ボールが見やすい」

[ 2013年10月29日 06:00 ]

日本シリーズ第3戦 楽天―巨人

(10月29日 東京D)
 ジョーンズとともに左翼の守備でノックを受けた楽天・銀次は「ただ守っただけ。いつ行けと言われてもいいように」と語った。

 東京ドームでは12年6月27日の日本ハム戦でプロ初アーチを放っており、今季も打率・471。第2戦ではチーム15イニング目でチーム初得点となる中前打をマークした。「いつも通り自分のスイングをするだけ。東京ドームは相性がいい。ボールが見やすい」と自信をのぞかせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月29日のニュース