ウルフが4回途中降板も…ハムが継投で競り勝つ

[ 2012年4月19日 21:28 ]

西武に勝利し、喜ぶ日本ハム・武田久(右)と大野

パ・リーグ 日本ハム3―2西武

(4月19日 皇子山)
 日本ハムは1点を追う6回に稲葉の2点右前打で逆転、9回にも1点を加えた。先発のウルフは四回途中で降板したが、その後は継投で反撃をかわした。2番手の植村が6年目でプロ初勝利。西武は8回2失点の岸を援護できなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース