マエケンに返り討ち…中畑監督「コメントも同じ」

[ 2012年4月19日 06:00 ]

<広・D>広島戦はこれで開幕5連敗。DeNA・中畑監督はガックリ引き揚げる

セ・リーグ DeNA1-8広島

(4月18日 マツダ)
 試合後のテレビインタビューを終えたDeNA・中畑監督が言った。「もう、いいんじゃない。毎度おなじみだもん。コメントも同じだよ」。毎度の貧打で両リーグ10敗一番乗り。広島には開幕5連敗。初めて会見を早々に打ち切ろうとするほど、重い雰囲気が漂っていた。

 6日にノーヒットノーランを喫した前田健との再戦。雪辱を期したが8回3安打零封と返り討ちにされた。「毎度おなじみでチャンスで点が入らない。力不足」と指揮官。攻撃陣に出していた指示を問われると「機密事項なので、すみません。言っちゃうとまた同じようにやられる。隠しながらやっていきたい」と珍しく口を閉ざした。それほど打線が深刻な状態なのだ。

 ラミレスが2回に放った二塁打が、前田健に対し11イニング目、打者33人目の今季チーム初安打。しかし後が続かない。球威があり、制球もいい右腕に追い込まれると簡単には打てない。外角でカウントを整える傾向が強いため、際どいコースでも外に狙いを絞ってファーストストライクから積極的に叩くよう指示は出した。ところが初回の石川、中村へのファーストストライクは内角。井上打撃コーチは「一回り目は内角が多く、面食らった部分もある」と眉を曇らせた。

 点差が開き、焦りも生じて8回まで三塁も踏めぬ完敗。中畑監督は「ボール球に手を出して、ストライクを見逃して、本当に悪循環。思い通りマエケンに攻められて、悔しいよね」と声を絞り出した。試合前の選手宿舎では首脳陣、フロントで緊急ミーティング。打力向上へ、振り込み、打ち込みの大幅増などを確認した。「これからです!シーズンは長い」。しかし、チーム改革への道は、長く険しい。

 ≪両リーグ最速10敗は3年ぶり≫DeNAが今季15試合目で10敗目。DeNAが両リーグ最速で10敗を喫したのは、09年に14試合目で4勝10敗となって以来3年ぶりだ。広島戦はこれで今季初戦から5連敗。同カードでの開幕5連敗は、大洋時代の89年に6連敗を喫して以来23年ぶり。相手先発の前田健からこの日も8回無得点。昨年9月22日の4回から6日のノーヒットノーランを挟み、27イニング連続無得点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース