女性では全国最年少 大津市長「100点満点」始球式

[ 2012年4月19日 20:50 ]

始球式を務め、観客の声援に応える越直美大津市長

パ・リーグ 日本ハム―西武

(4月19日 皇子山)
 女性市長としては全国最年少の越直美大津市長(36)が19日、滋賀県で今年唯一行われたプロ野球公式戦を前に、始球式に臨んだ。大きく振りかぶって投じた一球は、大きな放物線を描きミットに収まり「100点満点だ」と自賛した。

 西武ライオンズと北海道日本ハムファイターズが皇子山球場(大津市)で対戦。試合に先立ち、越市長は白地に紺色で「NAOMI」と書かれたユニホームを着て登場した。背番号は名字の語呂合わせの「54」。笑顔でマウンドに立った。

 大津市で14日に開催された日吉大社の伝統祭事「山王祭」で、女性として初めて馬に乗りながら行列に参加した越市長は「観光都市・大津」のPRに奔走。始球式後は「練習したかいがあった」と、うまく投げられたことに満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース