小川監督 ミレッジを絶賛「あれがなかったら…」

[ 2012年4月19日 06:00 ]

<神・ヤ>6回2死一、三塁、川端の右前打で生還した上田を迎えるヤクルトの小川監督(中央)

セ・リーグ ヤクルト3-2阪神

(4月18日 甲子園)
 ヤクルトは天敵の久保に執念で黒星をつけた。昨季1勝5敗と苦手の右腕に、今季初対戦で3回まで無安打無得点。しかし果敢に動いて局面を打開した。

 2点を追う4回無死一塁でヒットエンドラン。ミレッジの左前打で一、三塁と好機を広げると、畠山が中犠飛を放った。さらに6回1死満塁から畠山の一ゴロ、川端の右前打で逆転。小川監督は「久保にやられっぱなしだったんで、走者が出たら失敗も覚悟の上で動かした」と振り返り、畠山の一ゴロの際に併殺を防いだミレッジの二塁へのスライディングを「あれがなかったら、2点が入っていなかった。大きいプレー」と絶賛していた。

 ▼ヤクルト川端(昨季16打数1安打と苦手にしていた久保から6回に決勝打)僕もやられっぱなしだったんで大きな一打。直球に張って、好きなコースに来たんで思いっきりいった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース