レッドソックス 田沢がメジャー昇格!最下位低迷でボビー決断

[ 2012年4月19日 07:42 ]

メジャーに昇格し、試合前の練習でキャッチボールをするレッドソックス・田沢

 米大リーグのレッドソックスは18日、傘下の3Aポータケットから田沢純一投手を昇格させた。

 バレンタイン監督が率いるレッドソックスは、救援投手の不振が響いて開幕3連敗を喫するなど17日までア・リーグ東地区最下位。4試合で2回を投げ11失点の救援右腕メランコンに代わり、田沢が昇格した。田沢は今季、3Aポータケットで4試合に登板し7回無失点。16日にはシラキュース戦で今季初セーブを挙げた。

 2010年に右肘手術を受けた田沢は、昨年9月にメジャー復帰。今季は開幕からメジャーを目指し、オープン戦5試合で7回を投げて防御率3・86の成績だったが、回復途上と判断されマイナーでプレーしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース