藤岡の元女房役・岡 3安打3打点で打線をけん引

[ 2012年4月19日 06:00 ]

<東洋大・青学大>5回2死一、二塁、藤本の中越え適時打で生還する東洋大の一走・岡

東都大学野球第3週第1日 東洋大7―3青学大

(4月18日 神宮)
 第2試合は昨季までロッテ・藤岡貴裕投手(22)とバッテリーを組んでいた東洋大の岡翔太郎捕手(4年)が3安打3打点と爆発し、青学大に7―3で先勝した。

 ロッテ・藤岡の元女房役・岡が、バットでチーム11安打の猛攻を演出した。3回2死二、三塁から左前へ2点適時打を放つなど、3安打3打点。これで3試合連続打点となり、高橋昭雄監督も「ラッキーボーイだね」とご満悦。15日のソフトバンク戦(ヤフードーム)で初完投勝利を挙げた藤岡から「頑張れよ」と激励を受けたという岡は「監督から今年はおまえがやらなきゃいけないと言われてるので」と笑顔だった。

 ▼青学大・井上主将(10安打も3得点に終わり)相手は四死球が(1つと)少なかったけど、こっちは(7つと)多かった。そこの差が出た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース