亜大の怪力“ロシア”が2打席連続弾 東浜を援護

[ 2012年4月19日 06:00 ]

<日大・亜大>4回1死、左越えに本塁打を放つ亜大・柴田

東都大学野球第3週第1日 亜大6―0日大

(4月18日 神宮)
 亜大の6番・柴田が2打席連続本塁打で東浜を援護した。

 4回は左越えへソロ、6回は1死一塁から再び左翼へ2ラン。東京学館船橋(千葉)時代に35本塁打を記録したパワーを見せつけ「甘い球をしっかりとらえられた」と振り返った。色白で93キロの体格から付けられたニックネームは「ロシア」。リストバンドにも「ロシア」と刺しゅうを入れる亜大の怪力男は「自分は走れないし、守れないので打つしかない」としてやったりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース