栗山監督 中田と心中「時代は強い4番を求めている」

[ 2012年4月19日 06:00 ]

 日本ハムの中田が、球団初の4番フルイニング出場を目標に掲げた。

 「もちろんそのつもりでやっているし、そのつもりでやらないとそれはできない。朝起きた時とか体は疲れているけど、それはみんな同じだからね」。ここまで打率・175と低迷しているが、前日の西武戦(西武ドーム)では今季初の3安打を放つなど復調気配を見せ始めた。栗山監督も「時代は強い4番を求めている。中田は何があっても外すつもりはない」と話しており、中田は「とにかく集中して気合を入れて食らいついていくだけ」と意気込んだ。

 ≪全試合、同じ打順は森本のみ≫日本ハム(前身球団も含む)で全試合フルイニング出場を達成したのは延べ8人いるが、主に4番で達成した選手はなく、最も4番が多かったのは00年片岡の22試合。また、同じ打順で通したのは07年の森本(1番)だけだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース