「昨日、だいぶ怒った」高木監督 G戦初勝利に「良かった」

[ 2012年4月19日 06:00 ]

<中・巨>リリーフを仰いだ岩瀬(右)からウイニングボールを受け取る中日・中田賢

セ・リーグ 中日5-2巨人

(4月18日 ナゴヤD)
 気持ち良くないはずがない。投打がかみ合っての今季5戦目での巨人戦初勝利に中日・高木監督のトーンは上がる。

 「東京ドームも、昨日もイヤな負け方だったので、今日すぐに勝てたということは良かった」

 最大のライバルと位置付ける相手からの快勝に高木監督は終始、穏やかな笑みだった。

 勝利の立役者は先発の中田賢だった。「何とか勝ちたいという気持ちだけは強く持っていきました」。最速150キロの重い直球を軸に巨人打線を力でねじ伏せ、完封こそ逃したが、8回2/3を2失点で勝利の流れを引き寄せた。打力でも自らの投球を楽にした。1点リードの5回、無死一、二塁のチャンスが谷繁の投ゴロ併殺打で2死三塁となって打席が回った。「次に何ができるかを考えました」と開き直ってホールトンの133キロ直球を無心でとらえ、右中間へ適時二塁打を放った。

 指揮官のゲキはベテランにしっかりと響いた。前日17日の試合で初回1死一、三塁の先制機で3球三振に倒れた山崎、さらに1点を追う8回1死一、三塁で一度もバットを振らず、見逃し三振に終わった荒木に監督は厳しい言葉を向けた。

 「昨日、だいぶ怒ったし、皆さんもだいぶ書いとったから…」。6回にはこの日、早出特打した荒木が先頭打者として安打で出塁。山崎がつなぎ、和田の1号3ランを呼び込んだ。

 今日19日は先発に吉見を立て、3連戦勝ち越しを狙う。「今日はホームランも出たし、5点も取った。明日はエースも投げるし、何としてもいい試合するんで、たくさん(のファンに)見に来てほしい」。ライバルには絶対に勝つ。70歳の指揮官が自信を深めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月19日のニュース