西村が故郷・広島で初勝利、7回2失点打っては2打点

[ 2011年8月8日 06:00 ]

<広・巨>先発した西村は7回2失点と好投

セ・リーグ 巨人5-3広島

(8月7日 マツダ)
 巨人・西村が7回5安打2失点も自責0で自身4連勝。

 地元・広陵出身で高校まで18年間を故郷で過ごした右腕は、8年目にして広島で初勝利に「きのうは原爆の日で、こういう3連戦で投げさせてもらって光栄でした。地元で?初めてなのでうれしい」と謙虚に話した。2点リードの5回に同点とされたが原監督は「よく立ち直って6、7回を抑えた。これが今季の彼の姿」と称えた。2回に2点二塁打を放ち、プロ初勝利を挙げた05年9月1日のヤクルト戦(松山)以来の打点も記録。5連勝のチーム、そして西村の勢いも本物だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月8日のニュース