岡田監督訴え実った!3時間30分伝える特別措置

[ 2011年8月8日 06:00 ]

パ・リーグ オリックス7-2ロッテ

(8月7日 QVC)
 試合時間3時間30分を超えて新しい回に入らない今季のルールに関し、ロッテ―オリックス14回戦(QVCマリン)で特別措置が認められた。

 延長10回引き分けに終わった前日の同カード終了後、オリックス・岡田監督が3時間30分となった時点で審判から合図をするよう要求。これを受け、この日のメンバー交換時に岡田、西村両監督に対して審判団から「きょうの試合に関しては伝える。他のところに関しては、また話し合ってから」と伝えられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月8日のニュース