ロッテ 3試合計3得点の貧打に加えミス連発で大敗

[ 2011年8月8日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ2-7オリックス

(8月7日 QVC)
 ロッテは投手陣の乱調と守乱で大敗。3位ではあるが、借金は4に増えた。先発の小野が5回2/3で5失点。

 2回は無死満塁から鈴木に押し出し四球を与えるなど一挙4点を失い「3回から自分の投球ができただけに2回は悔やまれる」と肩を落とした。守備も三塁の今江がミスを連発。5回に失策、6回2死二塁では鈴木のゴロを捕球後、一塁への送球が高くなり、一塁・カスティーヨと鈴木が交錯(記録は一塁の失策)する間に二塁走者が生還した。今3連戦は打線が計3得点で2敗1分け。西村監督は「打てない状況なので投手は最少失点に抑え、(守備も)きっちりしたプレーが大事」と苦言を呈した。

 ▼ロッテ・今江(6回に7号ソロも、三塁守備で送球ミスを連発)守備でミスをしているので、申し訳ないという気持ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月8日のニュース