Aロッド違法ポーカー疑惑で出場停止なら松井獲り加速も

[ 2011年8月8日 06:00 ]

 ヤンキースのロドリゲスが、リハビリ先のフロリダ州タンパで打撃練習を再開した。

 先月14日に右膝の手術を受けて以来初めてで、トス打撃を66スイング。守備や走塁練習もこなし「いい一日だった」と話した。今月中旬にもチームに合流予定。しかし違法なトランプ(ポーカー)ゲーム参加の疑いで、大リーグ機構の調査で出場停止処分が科されれば復帰はさらに遅れる。内野手と外野手でポジションは異なるが、打線強化として松井獲得の動きに拍車がかかる可能性はある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月8日のニュース