上原 本拠地初登板でアナウンサー絶叫“雷”けん制球

[ 2011年8月8日 06:00 ]

ア・リーグ レンジャーズ5―7インディアンス

(8月6日 アーリントン)
 レンジャーズ・上原が移籍後、本拠地初登板を果たした。

 1点リードの8回に登板。先頭のカブレラに12試合ぶりの四球を与えたが、地元ラジオ局のアナウンサーが「ライトニング・クイック(雷のような速さだ)」と絶叫するほどのけん制球で刺し「あれが大きかった」と話した。結局打者3人で片付け「やっとこれで名前を覚えてもらえる」と上々の本拠地デビューを振り返った。また、建山は逆転された直後の9回2死二塁から登板し、本塁打を浴びるなど1/3回を2安打1失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月8日のニュース