川崎 小久保になったつもりで逆転の2点適時打

[ 2011年8月8日 06:00 ]

<西・ソ>7回2死満塁、左前適時打を放った川崎はベンチのナインとタッチ

パ・リーグ ソフトバンク8-1西武

(8月7日 西武D)
 ソフトバンク・川崎のバットが打線に火をつけた。

 1点を追う7回2死満塁、左前へはじき返す逆転の2点適時打に「勝負強い小久保さんを見習って、自分が小久保さんになったつもりで打席に入りました」。終わってみれば12安打8得点と大勝を呼び込んだ。プロ入り初の4番に座った松田も2安打を放ち「4番のプレッシャーをたっぷり感じました。心臓バクバクでした」と苦笑いだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月8日のニュース