3度目のW杯迎えるリーチ・マイケル 22日「情熱大陸」に出演

[ 2019年9月20日 17:01 ]

MBS・TBS系テレビ「情熱大陸」に登場するラグビー日本代表のリーチ・マイケ(C)MBS
Photo By 提供写真

 MBS・TBSテレビ系「情熱大陸」(日曜後11・00)の22日放送は、ラグビーW杯日本代表のリーチ・マイケル(30)が主役を務める。

 祖国のニュージーランドを離れ、15歳でラグビーの交換留学生として来日し、北海道・札幌山の手高に入学したリーチ。東海大、東芝に進み、今や日本代表の主将を務める。座右の銘は「神に誓うな、己に誓え」。ラグビー人生の中で培われた言葉だ。懸命にできるまでひたすらに練習する、適当にしない日本人の勤勉さに驚いた。日本で生活を送りながら、謙虚さや相手を敬う日本人の姿勢を学んだ。それからずっと日本ラグビーのために人生を捧げてきた。6年前に日本国籍を取得し、今は日本人の妻と愛娘と3人で東京に生活している。

 4年前のW杯では、南アフリカ戦で奇跡の逆転劇を起こしたが、決勝トーナメント進出はならなかった。期待が高まる中、主将として今大会の目標は「前大会よりも上の成績のベスト8、またはそれ以上を目指す。そのために必要なことの一つは、最強のキャプテンになる事だ」と言い切った。

 W杯へ向けたハードな練習とメディア取材をこなす多忙な日々に加え、わずかの休日には家族と過ごす。今年8月に両親の故郷フィジーを訪れ、地元の人たちから熱烈な歓迎受けた。「僕は日本で成長させてもらった。ラグビーも日本で上手くなった。留学して15年、人生の半分を過ごした日本でW杯に出られるのは特別なこと。日本人のメンタルの強さ、ラグビーの強さを証明することで恩返しがしたい」。日本を代表する選手として迎える3度目のW杯。勝利と伝えたい思いを胸にピッチに立つ主将・リーチの姿に迫る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース