八角理事長 大関復帰決めた貴景勝を評価「世代交代の先頭走ってる」

[ 2019年9月20日 05:30 ]

大相撲秋場所12日目 ( 2019年9月19日    両国国技館 )

十八番をさく裂させ突き落としで妙義龍(左)を下す貴景勝(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大関復帰を決めた貴景勝について八角理事長(元横綱・北勝海)は「元々精神的に強いから大関に上がったと思うが、これで成長すると思う。今は(世代交代の)過渡期。その先頭を走っている」と評価。優勝争いの単独首位に立ち最有力候補にもなったが「気楽にいけるんじゃないか。ただこれでホッとしないこと」と指摘した。

 高田川審判部副部長(元関脇・安芸乃島)は「落ち着いて取っていますね」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース