宝富士 得意小兵討ちで3敗死守 首位に1差「こんなチャンス、めったにない」

[ 2019年9月20日 05:30 ]

大相撲秋場所12日目 ( 2019年9月19日    両国国技館 )

炎鵬(左)を上手ひねりで破る宝富士(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 宝富士が炎鵬を上手ひねりで下し、3敗を守った。足元へタックルするように飛び込む98キロの小兵を後退しながら押しつぶし、「慌てなかったら、押されないと思った。学生時代から、小さい人は不得意じゃなかった」と、笑顔を見せた。

 自身の取組直前に2人いた2敗の一人、明生が敗れ、「こんなチャンス、めったにない」と発奮。初顔合わせだったが、冷静に対処した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース