柔道全日本学生団体V 東海大で祝賀会 女子の塚田監督「方針をよく理解して頑張った」

[ 2019年9月20日 05:30 ]

 柔道の団体戦で6月の全日本学生優勝大会を男女とも制した東海大が19日、東京都内で祝賀会を開き、世界選手権の混合団体で優勝メンバーとなった1年の村尾三四郎は、自身が一本負けした決勝を振り返り「同階級の強い選手と試合ができたのは良かった」と語った。

 女子を12年ぶりの学生日本一に導いた04年アテネ五輪78キロ超級覇者の塚田真希監督は「方針をよく理解して頑張ってくれた」とねぎらった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース